気管を広げて呼吸を楽に

ベネトリンの副作用

 

皆さんは、気管支喘息治療薬「ベネトリン」の副作用について、どのくらいご存じなのでしょうか。
その薬のことなら詳しく知っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。
または、興味はあるけれど詳しいことは知らない、服用したことが無いのでよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、この薬の副作用についてわかりやすく説明していきます。
ベネトリンとはどのような薬なのかを説明しますと、気管支筋の緊張を緩和して内腔を広げて、空気の通りを良くする作用があります。
そのため、喘鳴、呼吸困難、息切れといった喘息の症状を改善する効果のある薬です。 
気管支喘息の治療の他にも、風邪、喉頭炎、気管支炎、結核などの呼吸器疾患の治療にも使用します。
  ベネトリンの副作用としては、心臓へ作用して、血圧の上昇や、不眠、動悸などの症状を起こす場合があります。
また、かゆみや発疹などのアレルギー症状などの過敏反応や、アナフィラキシー症状が現れる場合もあります。
  薬によって異なりますが、不整脈、ほてり、頭痛、めまい、手の震え、耳鳴り、神経過敏、眠気、興奮、のどの渇き、倦怠感、血清カリウム値の低下、排尿困難などがあります。

▼▼▼ベネトリンがまとめ買いで安い!▼▼▼
後払いOKの通販・医薬品個人輸入【アイドラッグマート】

  
Copyright © 「ベネトリン 吸入」の情報サイト. All Rights Reserved.